基板上のICを制御する仕事

制御系の仕事では、コンピュータの基盤上のICを制御する仕事なんてものもあります。ある目的専用の基盤を作っているところで画面情報を制御するICを操作する内容でした。
ある目的用にプログラムされた言語を解釈し、画面上に直線を引いたり、円弧を描いたりするという内容です。
このためのIC(LSI)がCRTC(CRTコンロローラ)で、これに対してコマンドを発行していきます。
プログラムはアセンブリ言語(アセンブラ)で記述し、最終的には基板上のROMに焼き付けます。正しいかどうか自信はないですが、BOISの位置のプログラムということになるのではないでしょうか。
CRTコントローラに対してコマンドを出すので、デバッグするにはそのための装置が必要になります。基板上にICE(インサーキットエミュレータ)という装置を差して、これを最終的にROM焼きする部分の代替とします。

アセンブリ言語(アセンルラ)を使う仕事なので、コンピュータがどのようにして動いているのかということがよくわかります。

 

工場のライン制御の仕事

制御系の仕事をしてたことがありますが、右も左もわからい状態でIT企業に就職したので、正直「制御系」とはなにか、そのほか何系があるのかも知らない状態でした。やったことがある仕事の一つに工場のライン制御というものがありました。
これは、ある製品を組み立てるラインで、まずは、私の担当していたとこと以外のシステムで製造の計画が作れます。次に私は担当していた範囲のシステムにその計画を取り込みます。その後、その計画に基づいて必要な部品をロボットに乗せてそれぞれのラインの場所に搬送するというものでした。
その現場では、部品を取り出して搬送ロボットに乗せる仕事は人が行っていました。それぞれの現場に端末があり、どの部品を乗せるのかを指示する画面が表示されるという仕組みです。乗せたら乗せたという意味の操作を担当者が行います。
コンピュータシステムとして開発することろは、各部署の端末に各種情報を送るということと、端末の画面を作るということです。

末端のプログラマとして参加していたので、作っていたプログラムがこういうふうに使われるのかということは、現地調整で現場に入って初めて実感としてわかりました。

 

自分のアプリを始めてリリースした時のこと

アプリ開発は職業訓練で始めました。プログラミングはまったくやったことがなかったので、「プログラミングとは何なのか」、それを理解すること自体が難しかったです。「書き続けていれば分かる」と言われていたけど、結局変数とはなんなのか、代入とはなんなのか、そもそもプログラミングで何ができるのか、そういったぼんやりとした概念を理解しなければ、書いている時間自体が不毛で苦しいもの。結局書き続けることはできず、「プログラミングとは」的な本を購入し、運良くその本がとてもいい本だったので、なんとかC言語の学習をスタートできたことを覚えています。私の入った職業訓練校はiPhoneアプリ開発の訓練校だったのですが、実はiPhoneアプリを作れる先生はいなくて、毎日先生自体も予習しているようなありさまでした。途中で先生の様子がおかしいことに気がつき、状況を聞いたところ判明したのでした。そんなとんでもないことがわかったので、先生には無理せず自分の知っていることを教えてもらうことになり、生徒たちは基本的に自習しながら分からないことがあったら先生に質問するという形になりました。卒業制作として、3人ずつのチームに分かれてアプリを作ることになったのですが、学校が途中でハローワークとトラブルになり、半年のコースの予定が4ヶ月で閉校ということになりました。生徒たちはアプリを作るスキルなど全く無い状態で路頭に放り出される形となったのですが、アプリを作ること以外に希望はなかったので、その後もアルバイトをしながら独学し、最初のアプリをリリースすることができました。このアプリはまったくダウンロードされることはありませんでしたが、その後もアルバイトをしながらアプリを作り続け、最初のヒット作を出し、その後は友人とゲームを制作して稼げるようになりました。ゼロからのスタートでもスキルが全然なくても継続しているうちに不思議なことが起こって状況が好転することもあるということの分かった素晴らしい経験でした。

スマホアプリ開発で悪戦苦闘

スマホアプリの開発をした時には、本を見ながら必死に開発を進めていました。初めての出来事だったので、立ち止まって悩むことがとても多かったです。仕上がるまで予定していたよりも大幅に時間が必要した。というのも、わからなくなったら集中力が途切れてしまい、誰にも相談することができなかったからです。そのため、結果的に先延ばししてしまうことになりました。冷静になってまた開発に取り組み、そのような状態を何日も繰り返していました。新しいことに挑戦していたので、不安がとてもつきまといました。スマホのアプリを完成させたいという気持ちはあったのですが、本当に完成させることができるかどうかわからないために、不安が募ったのです。本の解説を理解することに苦しむこともあったのですが、時間をかけて焦らずに粘ってみることにしました。予定していたよりもかなり時間が過ぎたのですが、一応完成させることができたので達成感もありました。

スマホアプリ開発の楽しさ

現在のIT系の仕事で多い仕事にスマホアプリの開発があります。スマホアプリ開発は、個人で作ることもできますし、多くの方が手軽に作ることができます。開発よう言語は何を使用するかによって扱うソフトも違いがあるので、専門知識はかなり必要になりますが、プログラミング作成についてはベースは変わらないので、開発したい商品によって作り込みの仕方も違いが出てきます。Perl、VBA、C言語など様々な開発言語はありますし、テスト評価作業なども行うため、きちんと動作確認を行うことも大切です。企業では、以前開発した既存のアプリに少し手を加えて新たな製品開発するなど、しっかりと対策するようにしているので、定期的に製品を編集するなど少しずつ製品改良を行っているところも多いです。スマホアプリは、今は手軽にダウンロードして利用している方が多く、需要が多いものを作ることでダウンロード率もアップしますし、色んな方がコメントをくれるので開発するのも楽しいと感じるケースも多々ありますし、快適です。

スマホアプリ開発で技術力アップ

スマホアプリ開発は、かなりプログラミングなど習得できる仕事ですし、実際作り込んだプログラムが動くかどうか、動作確認などのテスト業務を行うなど、楽しいと思えるような形も多々あるので、結構集中的に作業を行うようにしています。チームのメンバーで作業を行うので、お互いに作り込んだ作業をミーティングで話し合いながら動作確認の結果、バグなど確認しつつ修正することになります。色々と作り込みに関しても時間がかかるので、指定された時間内に作業を終えることができるかどうか、その辺もきちんと伝えるようにしています。スマホアプリの開発については、きちんとテスト評価業務なども項目を作っていき、動作確認をあらゆる角度から行うことが何より大切になります。計画的に業務を行い、ミーティングで随時報告していくことが大切になるため、しっかりと対策を考慮していくことが何より大切になります。スマホアプリ開発で技術力は格段にアップします。

スマホアプリの開発は楽しいです

仕事でスマホアプリ開発を携わることになり、数人でチームを組んで作業を行いますが、テスト作業などもPerlを使用してバグを見つけるなど、プログラミングの技術習得にもつながり、かなりIT開発技術を学ぶことができました。スマホアプリは、需要も大きいことから開発した商品がユーザーさん方が好んで利用してくれると嬉しいですし、使いやすく便利なものを開発することにしました。また、商品開発後のテスト作業は、時間をかけて色々なテスト項目を準備しているので、きちんと動作確認をするなど評価作業もとても楽しい時間になります。出荷前は忙しいので、残業することになりますが、一時的なものなので、その期間中はしっかり働いて出荷前製品チェックなど念入りに行うようにしています。計画的にスマホアプリの開発を行うことで、チームのメンバーと一丸になって協力するのは気合も入りますし、やり甲斐ある仕事なので楽しく続けることができます。

スマホアプリを作るためには高いプログラミングスキルが必要

私はスマホアプリを作る仕事をずっとしたかったのでアルバイトをしてみました。スマホアプリを作る現場には多くの優秀なプログラマがいて非常に良い経験ができたので満足しました。面白いスマホアプリを作るためには何人かでチームを作って作業をする事が大事です。多くの人とアイデアを出し合うことで素晴らしいスマホアプリを作れます。一人では非常に大変な作業でもチームで役割分担をすれば短時間で作業を終わらせることができます。私はスマホアプリを個人で作ったことがあったのでチームの足を引っ張ることなく任されたスマホアプリを完成させることができました。スマホアプリを作るアルバイトをしてみて自分でもできる仕事だということが分かってよかったです。プログラミングスキルがかなり高い人達とスマホアプリを作ることでもっとスキルを上げたいという気持ちが湧きました。スマホアプリを作るためには高いプログラミングスキルが必要なのでセミナーなどに通って最新のスマホアプリを作るスキルを身につけておくといいです。

スマホアプリの実機テストは疲れる作業だった

私が初めて働いたスマホアプリ制作会社は少人数の会社だったので非常にアットホームな雰囲気の会社でした。少人数のスマホアプリ会社だったのでクライアントからの期限が近くなったときにはかなり残業をする必要がありました。仕事でスマホアプリを作るときには客との間で事前に打ち合わせたシステムを作ることになります。自分が最適だと思ったシステムでもクライアントが気に入らないとを作り直さないといけないのでしっかり打ち合わせをすることが大事です。毎日期限に間に合うように神経を使ったので大変きつい時期がありました。特に苦労したのが、作ることになったアンドロイドのスマホアプリの実機テストです。アンドロイドにはいろいろな大きさやバージョンのスマホがあるので1つのスマホできちんと動いても他のスマホで動かないことがありがちです。そのため、いろいろなスマホでデザインが崩れないようにチェックをする作業を何日も行ったのですが非常に疲れました。

自分の得意なプログラミング言語を使う現場で働いた方が安心

私は将来スマホアプリを作る会社に就職してプログラマとして社会の役に立つスマホアプリを作る仕事をしたいとずっと考えていたので、自分でアプリを作るスキルを磨くために本やサイトで知識を身につけていました。ようやくスマホアプリ制作会社で仕事をする自信がついたので就職をしました。スマホアプリを作る仕事は自分で好きなようなものを作るときとはまったく違っていました。クライアントの望むような仕様にしないといけないアプリなので高いレベルのプログラミングをしなくてはなりません。もしアプリ制作会社に就職したい人はなるべく高いスキルを持っていると安心です。私が働いた現場では主にJAVAを使ってスマホアプリを制作しました。私はJAVAが得意なので非常に自分に合っていました。やはり自分の得意なプログラミング言語を使う現場で働いた方が安心です。私はゲームのアプリを作ったことはあったのですが、業務アプリを作るのが初めてだったので最初は戸惑ってしまいました。